※注  地名・人名等の表記についてはパソコン能力等により正しい表記ができないものもあります。ご了承ください。

<五感を働かせれば感動は深くなる!>
花梨ワールドに戻る
トップに戻る
 顧客情報の厳守(通信販売法の表記)
中国茶の花梨ではお客様からお寄せ頂いた個人情報(住所・氏名・TEL・メールアドレス等)につきましては配送作業以外に第三者に渡したり、悪用したりすることは決してございませんので安心してご利用下さい。
                              ( 店長:坂井洋一郎 )
過去3回分のクイズを見る
7:機転を利かして、部下に撤退の準備を密かに始めさせた楊修に対し、これを知った曹操は腹の中を見透かされたような気がして、この副参謀を、なんと処刑してしまったのです。
6:「『鶏のガラというのは、捨てるには勿体無いが、食べようとしたって肉はついていない。漢中という土地は所詮そんなもんだ!』と、曹操様はお考えになっているのだ。これは撤退のサインだな!」
1:西暦219年(建安24年)巨大な中国大陸では、北は曹操(そうそう)が、東は孫権が、そして西域は劉備が支配する、三国時代に突入していました。
5:これを伝え聞いた副参謀の楊修(ようしゅう)にはピーンときたものがありました。
2:同年、曹操が実効支配をしていた国境の要地「漢中(かんちゅう)」を、劉備に奪われ、劉備が「漢中王」を名乗ったから、さあ大変っ! 怒り狂った曹操は、漢中を奪還すべく、自ら大軍を率いて出陣したのです。
4:そんなある夜、陣中で、曹操は夕食の鶏ガラをしゃぶりながら「鶏ガラ、鶏ガラ、鶏ガラじゃあ〜!」と何度もつぶやいたのです。
3:しかし、張飛馬超黄忠趙雲など蒼々たる武将が居並ぶ劉備軍の前に、曹操は窮地に陥り、斜谷(やこく)の城で、悶々とした戦況の中にいました。
難しくなければクイズじゃない!検索エンジン、百科事典、なんでも使って調べてください。
中国4千年歴史クイズ
2008年・痛快三国志スペシャル
曹操危機一髪号

♪♪♪本当にたくさんの皆様からいろんな感想を頂いております。
クイズ・ホームページ・中国茶に関する暖かいお言葉、ご指摘等、本当にありがとうございました。今後の参考にさせて頂きます。
また頂いたお便り・ご感想は、随時メルマガにて紹介させていただいております。(紹介させていただいた方には、おいしいお茶をプレゼントさせて頂きます。)
さあ、昔、勉強した教科書、参考書を引っ張り出して、
花梨のクイズで、おいしいお茶や、お洒落な茶器をゲットしましょう!


*応募要領
中国4000年クイズ2008年曹操危機一髪号
◇中国茶の花梨TOPへ
 
♪♪♪クイズにご応募頂いた方には、中国茶の花梨より、歴史クイズのエピソードや、ご応募者からのメッセージ、中国・台湾の現地情報などを掲載した「中国茶一口メモ」を配信させて頂く場合がございます。
ご意見、ご感想を掲載させていただいた方には中国茶をプレゼントさせていただいています。
尚、「中国茶一口メモ」を配信させて頂いている方には
抽選で、全国ほぼすべてのコンビニで使えるプリペイドカード【クオカード1000】を5名様にプレゼントさせて頂いています。 お楽しみに〜!




8:翌朝、曹操軍は、副参謀を処刑した手前、攻め来る劉備軍と戦ってはみたものの、勢いの差は歴然、おまけに曹操は敵将の放った矢が前歯に当たるという、九死に一生の場面にも出くわし、敗走に敗走を重ね、命からがら京兆府へと逃げ込んだのでした。
9:さて、相手の心が読める、才にあふれた楊修が、曹操の発した「鶏がら」の意味する真意(少しは価値もあるが、捨てても惜しくはないの意)から、後年故事成語となってしまった二文字とは
【イ:鶏頭(けいとう) ロ:鶏肝(けいかん) ハ:鶏肋(けいろく) ニ:鶏籠(けいろう)】です。

※鶏肉の骨はラーメンや煮込み料理のだしを取るのに最適ですね。
もっとも使われているガラが、鶏のあの部分なんですね。
※苦戦の最中、曹操が悲壮な気持ちで、一人夕食の席でしゃぶっていた鶏の、あの部位とは・・
※胸を強打すると折れる骨ですよ〜!
  ヒントはここまでで〜す!


◇台湾銘茶・凍頂烏龍茶
2007年12月
2008年2月
2008年5月
終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
正解は【ハ:鶏肋(けいろく)】でした。
お知らせ

いつも「花梨」の歴史クイズをご愛顧頂き、ありがとうございます。
新規歴史クイズの掲載に関しましては、
只今、懸賞登録サイト様と掲載条件について
交渉中のため案件が決着するまで、しばらく休載させて頂きます。
なお「月末クオカードプレゼント」につきましては
毎月初めに発行分の「中国茶一口メモ」にて
当選者(毎月5名様)を発表させて頂いております。
どうぞお楽しみに!
            
             中国茶の花梨・歴史クイズスタッフ一同